Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!

神曲物語の説明です

地獄篇・浄罪篇・天堂篇あわせて100章、14,233行の雄大な叙事詩。
三篇を通じて、歴史上に名をつらねる多くの人物が登場する。
プトレマイオスの宇宙、軽妙な比喩、多彩な描写が織りなす、世界についての物語。
中国は笑話の歴史もまた古い。
それを集大成したのが明末憑夢竜の『笑府』13巻で、本書はこの『笑府』を中心に周辺の笑話のなかから、中国民族の生活と文学を知るに役立つと考えられる話を選訳。
民衆の思想史、生活史として読める。
戦争末期、疎開先の熊本の小学校に入学した少年は、川でエビやフナを捕り、山にメジロを追い、自然の豊饒さに夢中になる。
年上の青年に憧れ、その技を学んで成長する日々。
しかし少年はやがて大学受験のため勉強に励むようになり、都市と田園の生活に引き裂かれていく。
生き生きと働く母と虚脱した父。
敗戦に屈折してゆく兄。
他に「南にありて」13篇を収録。
熊本の川で過ごした黄金の日々が著者をつくったことが鮮やかにわかる、胸おどるエッセイ集!昼間の公園のベンチにひとりで座っていると、あなたは何が見えますか? スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。
なんとなく見えていた景色がせつないほどリアルに動きはじめる。
『東京湾景』の吉田修一が、日比谷公園を舞台に男と女の微妙な距離感を描き、芥川賞を受賞した傑作小説。
役者をめざす妻と上京し働き始めた僕が、職場で出会った奇妙な魅力をもつ男を描く「flowers」も収録。
ルクレチア・ボルジア、カトリーヌ・ド・メディチ、ブランヴィリエ侯爵夫人、エリザベス女王、則天武后にマグダ・ゲッベルス……世界史上、名高い12人の女たち。
美貌と権力、魔性と残虐性によって人びとを恐怖に陥れた彼女たちは、並外れた虚栄心、戦慄すべき美への執着、狂気のごとき愛欲に身をゆだね、罪を重ねて、孤独なあるいは非業の最期を遂げた。
なぜ彼女たちはかくも魅力的なのか。
耽美と悦楽のカリスマ、作家・澁澤龍彦の愉楽に満ちた人物エッセイ集。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008220